忍者ブログ
アサドリの日記帳です。主にロックマンと日常。
2017/12/18  [PR]



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 >>  ×




17時デッドラインの書類がありまして。

16時47分にUSBにフラッシュメモリ差し込んで印刷開始。
49分に印刷完了。
メモリ抜こうと所定の手順踏んだところ、
何度試しても「使用中なので抜けません」。
PCのスイッチ長押しで強制終了。
50分にPC部屋から駆け出す。

コピー10部とるため、即座に階下のコピーカード(千円分)自販機へ。
51分、自販機前到着。
そこの表示「この自販機は紙幣しかご利用になれません」
手持ちは500円×2、および1円×2。
かくてコイン式コピー機のある別棟へひた走る。

ここで前提。
前提1: PC棟、コピー機棟、書類提出棟は、それぞれが
 所要時間ダッシュで30秒のトライアングルの3頂点を形成
前提2: コピーカードがあれば、書類提出棟でも印刷可能
以上から導き出される結論。
もしも 持ってたのが 硬貨じゃなくて お札で千円なら(後略)

52分、コピー機棟到着。
コピー機に500円投入。
乾いた音とともになぜか取り出し口に落ちてくる500円玉。

コピー機、電源入ってない。

電源猛打。
亀の速度で起動するコピー機。
再び硬貨スロットイン。

再び硬貨カムバック。

投入。
帰還。
投入。帰還。投入。帰還。鬼のように投入。魔のように帰還。



その瞬間どうも気が違ったらしくて、
我に返ったら500円玉2枚カチカチカチカチ噛んでる自分がいた。



で、その状態からなんで思い至れたか未だにわからないものの、
書類提出棟の上階の大量コピー室のことを思い出し。
ホントは管轄部署が違うので使えないんだけど
日ごろ仕事の関係上顔が知れているのをいいことに
一縷の望みを託すことにし。

すごい勢いで駆け込んだときには多分58分ぐらいにはなっていたはずで。
快く許可してくれた受付のおばさんはきっと観音様の化身に違いないんだ。

なのに。
コピー機一台目、「自動で印刷開始します」って言ったきり沈黙。
二台目、印刷開始した瞬間に紙詰まり。おばさん曰く、そういう台。
三台目、印刷開始してうまくいくかなーと思った瞬間紙切れ。



17時ジャスト、無言で傍らの二台目から強奪、補充。



3分後に印刷完了。
提出窓口まで、頭カラッポのくせして足だけが勝手に走っていたような。

5分遅れだけどなぜか間に合いました。
こんな僕の書類でも黙って受け付けてくれてありがとうございます。
ほんと生きててすいません。でも死にたくもないんだ。
PR
 >>日常  cm:0  tb:0  ×

この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
ブログ内検索

最新コメント

[01/24 しまうー]
[07/17 ハナガラスイハンキ]
[06/05 OMFire]
[05/03 梓蔵]
[12/29 RADIX]
忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)