忍者ブログ
アサドリの日記帳です。主にロックマンと日常。
2019/05/21  [PR]



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 >>  ×




未練たらしくネットあさってたら見つけてしまった、ブラジル版Megaman。
で、全16話のうち1~8まで一気に見ました。


本題入る前に、ちょっとおさらいを。
「ブラジル版Megaman」と勝手に呼んでますが、正式名称は
"Novas Adventuras de Megaman (メガマンの新たなる冒険)"といいまして、
他サイト情報によると、ブラジルで1997年~1999年までに16話出てるようです。
物語はオリジナルストーリーで、ワイリーが覇権を握ってしまった世界を
取り戻すべくメガマン、ロール、エックス(!)たちが奮闘する……というもの。

特筆すべきは、その16話を毎回違うマンガ家がリレー方式で描いていること。
ブラジル人の友人曰く、新人賞の意味合いがあったそうです。
(彼(←アニメーターの卵)曰く、自分も描いたけど出さなかったそう。見たい!)


で、中身。

うん。びっくりした。

何がびっくりしたかって言いますと。
・毎回お色気シーン有
・メガマン、エックスがちょいスケベ気味
・女性キャラの露出度が無駄に高い
まあこの辺は見ていて面白いというか嬉しいというか、全く許容の範囲内なんですが、
問題はその先。

・残酷な描写が容赦なくエグい

ここに尽きるかと思われます。
何だろう、そういうのがOKな時代だったのかあるいはお国柄なのか、
ワイリーロボの攻撃で人間の内臓飛んでたり胴体寸断されてたりというシーンが1回。
その回のマンガ家さんの絵がポップだったので余計、こう、ああ。
あと、人間の女の子を誘拐してロボットに改造(人体実験)して
その結果できた一人がロールちゃんっ
ていう設定にもぶっ飛んだ。
それをやった科学者チームの一員にワイリー・ライトがいて、
ワイリーは推進派、ライト(やっぱり)は罪悪感覚えたようです。
その回のマンガ家さんの絵はいい感じにシリアスでいい感じに凹めます。

なんかこう、その2箇所は稲船さんが見たら卒倒しそうな内容。
ワイリーが……僕らのワイリーが笑えない意味でマッドサイエンティストだなんて……
ブラジル語(ポルトガル語か)わかんないのでストーリーは何ともですが、
そういうエグい部分さえ覚悟しておけば……楽しめる……のかなあ。
全体を見ればコミカルで楽しげだし、絵も色々な人のが見られるのでお得なんですが、
その2箇所のショックが他のギャグ要素を全て喰っちゃってるような。


WS版ロクフォル、洛克人大戰、DOS版Megaman、カナダ版Megaman等等
CAPCOM的に際どい(というかアウトな?)ネタは色々扱いましたが、
これは……今までとは違った意味で賛否両論分かれそうな。

なので、扱いはもうちょっと待って。というか私が微妙にトラウマ気味。
残りの9~16話までの間に明るい展開があればいいなあ。
PR

この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
(2008/10/24)  Novas Adventuras de Megaman
RADIX  edit


※海外の方です。スパム防止のため海外からの投稿ができないので、管理人が代理投稿しました。上の日本語訳はロボット翻訳、下は管理人の(超)訳です。


日本語訳・Babelfish使用:
奇妙な喜劇的だった私は、自分自身考えた。 長所およびゼロは先生によってLight作成された、ゲームはブラジルで外見上起こる、青は狂気である、ロールは少なくとも4つの問題の裸体を使う日本の 芸術家が認可されたmanga (特に裸ロール、およびより暗い要素のいくつか)のこれらの事をうまく免れることができれば…私に驚異をする。

English: I thought that was a strange comic, myself. Forte and Zero were created by Dr. Light, the games apparently take place in Brazil, Blues is crazy, Roll spends at least four issues nude...It makes me wonder if the Japanese artists could get away with these things in a licensed manga (particularly nude Roll, and some of the darker elements).

アサドリ訳:
個人的に、ヘンなマンガだなーと思いました。フォルテとゼロはライト博士製になってますし、ブラジルが舞台みたいですし、ブルースはキャラ崩れてますし、あとロールちゃんがヌードになってる回が4回はありました。日本のマンガ家の方々は、ライセンス許諾を受けてマンガを描く場合、こんな表現はできるんでしょうか? 気になります(特にロールちゃんのヌード。あと、他のやばげなモノなんか)。

(2008/10/28)

英文:

Thank you for your comment!

Yeah, Indeed I was shocked when I saw the comics. Probably Roll's nude
and other stuffs are OK in Japanese law, but how about CAPCOM's (and
fans') law...?
Anyway, now I'm interested in other issues of the series.

And thank you for the using of Babelfish :) It is helpful for us to
understand original English comment.

日本語訳(この通りに伝わってたらいいんですが):

コメントありがとうございました!

うむ、最初に見た時、確かに私もショックでした。
ロールのヌードも他のものも、日本の法律的にはOKだとは思いますが
CAPCOM(とファン)的には……どうなんでしょうね……
ともあれ、他の号も気になります。

あと、翻訳ソフトの訳文も載せてくださってありがとうございます!
あるとなかなか助けになるのです。
prev  home  next
ブログ内検索

最新コメント

[01/24 しまうー]
[07/17 ハナガラスイハンキ]
[06/05 OMFire]
[05/03 梓蔵]
[12/29 RADIX]
忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)